FC2ブログ

梅雨時の関節痛☆

これから梅雨の季節を迎えますが、関節痛を抱える人にとっては辛い時期といえます。


「天気が悪いとフシブシが痛い・・・」

と言う方もいらっしゃいます。




その原因は、まだ明らかにはなってませんが、いろいろな説が出ています。




ひとつは、自律神経の乱れです。




私たちは、自律神経の働きによって、暑さ・寒さなどの環境に合わせた体温調節をしています。




また自律神経は、関節痛のような痛みを感じにくくさせる役割も果たしています。


ところが、梅雨の季節は、気圧が下がって湿度が上がります。



すると体内の水分が汗として体外に排出されにくくなり、体内に熱がこもりがちになります。


体温調節の働きを担う自律神経は、熱を外に発散させる必要がありますのでその分、痛みを感じにくくする働きが衰えてしまうと考えられています。


人間は、「低気圧」 「高湿度」 に弱いようです。

関連記事
スポンサーサイト
豆知識 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2010/05/14 19:30
コメント

管理者のみに表示